第4回日本語ビジネスプレゼンテーションコンテスト

第4回
日本語ビジネスプレゼンテーションコンテスト

Japanese Business
Presentation Contest

応募締め切り2019年8月11日
応募締め切り

2019年8月11日

開催日2019年9月15日(日)
場所テイラー大学 レイクサイドキャンパス
場所

テイラー大学レイクサイドキャンパス

一般の部14:00~クアラルンプール-東京往復航空券(ANA)&賞金RM1,000
大学生の部10:00~日本国内旅行1週間パッケージ
一般の部 14:00~

クアラルンプール-東京往復航空券(ANA)&賞金RM1,000

大学生の部 10:00~

日本国内旅行1週間パッケージ

ABOUT
イベントの趣旨
日本語を使って働いている、または働こうとしているマレーシア人の気づき、想い、提言を広く知らしめることによって、マレーシアと日本がより強い絆で結ばれることを願っています。
このことが、日本語が堪能なマレーシア人と日本人や企業を結びつけ、新たな出会いが始まり、これから日本語を学んで使おうとする新たな人材の発掘につながることを願って、日本語ビジネスプレゼンテーションコンテストをはじめました。
主催者について
A to Z language Centerは、2004年にマレーシアで開校した日本語教育をメインとした語学学校です。ダマンサラ(本校)、ジョホールバル、ペナン、スリペタリンに教室を構え、日本語、英語、中国語、マレー語教育を行っています。
語学を教えるだけでなく、マレーシア人に日本の留学を紹介したり、日本の学生とマレーシア人の交流イベントなどマレーシアと日本の橋渡しとなるようなイベントを多く企画・開催しています。
みどころ・魅力
日本人にとっても、マレーシア人にとっても
「新しい発見」「気付き」が多い
レベルが高い、おもしろいプレゼンが多数
日本人にとっても、マレーシア人にとっても「新しい発見」「気付き」が多いレベルが高い、おもしろいプレゼンが多数

主催者

A to Z Language Centre

校長 西尾亜希子

日系企業で活躍する日本語スピーカーのモチベーションを高める

このコンテストには、マレーシアの日系企業で働く日本語スピーカーに多く参加いただいています。日本人の上司から勧められて参加された方も多く、入賞した方のなかには、社内報に掲載されたり、社内で表彰されたり、日本の本社に報告されて高く評価された方もいらっしゃいます。また、コンテストに応募するための原稿の内容を練ったり、プレゼンの練習を日本人の上司や同僚に手伝ってもらうなかで、これまでよりもお互いの距離が縮まって働きやすくなったといううれしいコメントもいただいています。

社員が出場する日系企業様には、このコンテストを社内で共有し、日本語スピーカーのモチベーションを高め、日本人とマレーシア人スタッフの結束を高める機会として利用していただければと思います。また、マレーシア人の方には、他の企業で働く日本語スピーカーの方のプレゼンがいい刺激になることを願っています。

「日本人」をマレーシア人の視点を通して外から見直す

近い将来、日本人にとって「外国人と一緒に働く」ことが日常となる日が来るでしょう。そんな時、日本人と一緒に働いている外国人が何を思っているのか、仕事に対する熱量はどれくらいなのか、本当は「日本人にこうして欲しい」と思っている、などなど、普段は口にしないマレーシア人スタッフの思いを日本人が知ることで、日本人も日本人以外も気持ちよく働くことができる環境に近づけるはずです。「知ること」はその第一歩。このコンテストが「知る」ための機会をご提供できればと思います。

日本語を使い、仕事で日本人とやり取りしているマレーシア人は、口には出さないかもしれませんが、いろんなことを感じています。そんな彼らの目を通して、「日本人」を外から見ることで、新しい気づきがあるはずです。このコンテストが日本人と日本人と一緒に働く非日本人の相互理解につながる機会となれれば幸いです。

コンテストへのお申し込みはこちら
コンテストの歩み
2018
第3回 一般の部

ヌラナ・ビンティ・アリアス

Nurana Binti Alias

「ボレボレ」

Sankyu (Malaysia) Sdn. Bhd.

テオ・シューイン

Teo Siew Ying

「日本人の気遣いを理解しましょう」

Okamura International Malaysia Sdn. Bhd.

アシュリー・ヨン・ジンイン

Ashley Yeong Jing Ying

「会社で学んだ大事な人生の教訓」

Pasona HR Malsyia Sdn. Bhd.

第1回 大学生の部

ヨー・シーフイ

Yeo Shi Hui

「日系企業でのアルバイト経験~JLPTでは不十分なのか?」

Tunku Abdul Rahman University College

グレース・ブイ・ウェンヤン

Grace Pooi Weng Yan

「日本製のヘアトリートメントお願いします」

HELP University

サムエル・ロ・ヨンジアン

Samuel Loh Yung Jian

「初音ミク コラボレーションのシンボル」

University Malaya

2017
第2回 一般の部

ヌルスハナ・アラウディン

「企業とお客様との重要なコミュニケーションツール:『取説』について」

Panasonic Malaysia Sdn. Bhd.

ヘンリー

「DRESSING」

KEWPIE MALAYSIA SDN.BHD.

ハム・シューイン

「諦めないことが成功への一歩」

Embassy of Japan

ハムディ・リムフェル

「その仕事に誇りを」

Shin-Etsu Polymer (M) Sdn Bhd

2016
第1回 一般の部

ルビアトル・カイリア・ビンティ・カイルディン

Rubiatul Khairiah Binti Khairudin

「コミュニケーションの重要性」

Canon Electronics (M) Sdn. Bhd.

ロー・イーシェン

Loh Yee Xuan

「仕事に必要なコミュニケーション能力」

Pasona HR Malaysia Sdn. Bhd.

リーワンジン

Lee Wan Jin

「日本の会社・社会で気付いたこと」

Elilai International Sdn Bhd

チャンドゥル・デベンドラム

Chanthuru Thevendram

「予防保全の充実で予知保全への進化を図る」

Panasonic Manufacturing Malaysia Bhd

スケジュール
11AUG
申し込み締め切り
18AUG
審査結果のご連絡
15SEP
コンテスト開催

大学生の部:10:00~12:00

一般の部 :14:00~17:00

応募要項

「日本語ビジネスプレゼンテーションコンテスト」は日本語の能力を問うコンテストではありません。日本語を使って働いている方、日系企業で働くことを目指す方が、何を考え、思い、伝えたいのかを日本語でプレゼンしていただき、その内容、見せ方、伝え方が審査の対象となります。

プレゼンのテーマは、「仕事」。日系企業への自己アピール、仕事で携わっている事業の計画などについて、自分の言葉で表現してみてください。

テーマ: 仕事に関すること
応募資格
一般の部
  • 日本語を母語としない方(マレーシア国籍以外の方でも可)
  • ビジネス経験がある者/日本語を使って将来仕事をする希望のある方
大学生の部
  • 日本語を母語としない方(マレーシア国籍以外の方でも可)
  • 大学に在籍している方
応募方法
STEP 1
以下の応募フォームに「名前(カタカナ/英語)」「メールアドレス」「電話番号」「勤務先/大学名」「応募カテゴリー」を記入して送信してください。
STEP 2
「顔写真」「スピーチ原稿(5分程度、ファイル形式は自由)」を添付して以下のメールアドレスに送付してください。
bizcontest@atozlanguage.com(担当:西尾、レジナ)
賞品
一般の部
優勝

全日空(ANA)の航空券

クアラルンプール - 東京

賞金 1,000 リンギット

準優勝

未定

3位

未定

本選参加賞:未定
大学生の部
優勝

在外企業協会協賛

日本1週間旅行

準優勝

未定

3位

未定

本選参加賞:未定
応募フォーム

お名前(カタカナ)

お名前(アルファベット)

メールアドレス

電話番号

勤務先/大学名

カテゴリー

プライバシーポリシー
A to Z Language Centre SDN BHD(以下、当社)は、当社が運営する各ウェブサイト、および当社が主催する「日本語ビジネスプレゼンテーションコンテスト」(以下、本コンテスト)における個人情報の取扱いについて、以下の通り、プライバシーポリシー(以下、本ポリシー)を定め、収集したユーザーに関する個人情報の適切な取り扱いに取り組んで参ります。

1. 個人情報の定義

「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述などにより特定の個人を識別することができるもの、 および他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものをいいます。

2. 個人情報の利用目的

当社は、本コンテストの応募や問い合わせなどにおいて、上記で定義した個人情報を取得いたします。当社は、あらかじめ応募者の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。当社は、個人情報の利用に際しては、本ポリシー内、または当社または本コンテストのホームページにおいて、あらかじめ利用目的をできる限り特定した上で公表し、収集します。また、公表した利用目的にしたがって個人情報を取り扱います。当社で収集する個人情報の利用目的は以下の通りです。

・応募者の本コンテストへの応募および選考を実施するため
・応募者本人、または親権者への連絡のため
・本コンテストの運営管理のため
・本コンテストの選考実施に使用するパンフレット制作のため
・本コンテストに関する情報、および当社または当社関連会社の実施するサービスなどをウェブサイトやSNSで告知するため
・今後の本コンテストに関する新企画立案を行い提供するため
・その他本コンテストに関する重要なお知らせなど、必要に応じた連絡を行うため
・マーケティングデータの調査、統計、分析のため
・訴訟・紛争などへの対応

また、当初の目的以外の目的で使用する場合や、第三者に提供する場合(以下に定める第三者提供の場合はこの限りではありません)は、事前に同意を取得のうえ行います。

3. 第三者提供

応募者よりお預かりした個人情報は、以下の場合に該当する場合に第三者に提供することがございます。なお、本コンテストへの応募によって、以下の場合の第三者提供について同意したとみなされます。

(1) 本コンテストまたは当社に協賛する会社に対し、当該会社の事業上の宣伝・広告目的のために使用するため。なお、この場合であっても不要な情報は削除の上必要最小限の情報のみ提供します。

(2) また、以下の場合は関係法令に反しない範囲で、応募者本人の同意なく応募者の個人情報を提供することがあります。

・法令に基づく場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

(3) ただし、次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。
・当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部、または一部を委託する場合
・本コンテストの運営を当社と共同または当社からの委託に基づいて行う者に、本コンテスト運営のために個人情報を提供する場合

4. 個人情報の安全管理

お客様よりお預かりした個人情報の安全管理は、合理的、組織的、物理的、人的、技術的施策を講じるとともに、当サイトでは関連法令に準じた適切な取扱いを行うことで個人データへの不正な侵入、個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどの危険防止に努めます。

5. 個人情報の訂正、削除
個人情報の訂正・削除は下記の問合せ先よりお知らせ下さい。

6. お問い合わせ窓口

A to Z Language Centre SDN BHD

※お問合わせはE-mailのみでの受付となります。
尚、お問合わせへの対応は当社営業時間内(9:00~17:30※土・日・祝日除く)とさせていただき、ご返答は翌営業日(土・日・祝日除く)となる場合がございますので、予めご了承ください。

7. プライバシーポリシーの変更

当サイトでは、収集する個人情報の変更、利用目的の変更、またはその他プライバシーポリシーの変更を行う際は、当ページへの変更をもって公表とさせていただきます。

利用規約
A to Z Language Centre SDN BHD(以下、当社)が主催する「日本語ビジネスプレゼンテーションコンテスト(以下、本コンテスト」)の応募者は、利用規約(以下、本規約)および応募要項など、当社がコンテストの応募に関して定める規約に同意の上、応募するものとします。応募することにより、本規約のすべてに同意したものとみなされます。なお、本規約につきましては予告なく変更することがありますので、あらかじめ御了承下さい。

1. 主催・運営

・本コンテストは、当社が主催・運営するものとします。
・ 当社は、本コンテストの内容などをいつでも任意に変更できるものとし、その他、中断、中止、終了を含めて当社が必要と判断したあらゆる措置をとることができるものとします。
・本コンテストに応募するにあたり、応募者は当社の運営方法に従うものとし、その運営方法に対し一切異議などを申し立てないものとします。
・当社が、本サイト上に掲載するコンテスト応募要項は、名称の如何に関わらず、本規約の一部を構成するものとし、本規約の内容と、コンテスト応募要項が異なる場合には、本コンテスト応募要項が優先して適用されるものとします。

2. 応募方法

・応募者は、本規約および応募要項など、当社が本コンテストの応募に関して定める規約に同意し、本コンテストに応募するものとします。
・未成年者の応募については、法定代理人の同意を得たものとみなします。
・応募作品の審査は、本コンテストの締切日時の時点で、当社所定の方法で応募を完了している作品のみを対象とするものとします。
・応募者は、当社所定の方法で当社に通知することにより、自己の応募を抹消することができます。応募を抹消した応募者が応募した作品については、応募を撤回したものとします。
・当社は、本コンテストに関する通知、連絡を応募者が応募の際に記載したメールアドレス、電話に対して行うものとします。
・応募者が連絡不能などの理由で審査結果を通知できない場合は、当社はコンテスト進出の権利を取り消すことができるものとします。

3.応募作品

当社は、応募作品の内容が以下に該当すると判断した場合、事前の告知なく審査の対象外とし、応募または本選出場権、入賞の取消、抹消などの措置を行うことができるものとします。

・応募要項、本規約に違反するもの
・法令もしくは公序良俗に違反し、または違反するおそれがあるもの
・第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利その他の権利を侵害し、または侵害するおそれのあるもの
・犯罪に結びつく、または結びつくおそれがあるもの
・性的、わいせつ的、暴力的、差別的な表現その他人に不快感を及ぼすおそれのあるもの
・わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待に相当するもの
・自殺、集団自殺、自傷、違法または脱法薬物使用などを勧誘、誘発、助長するようなもの
・応募に必要な記載事項に記載漏れまたは誤りがあるもの
・本コンテストと関係のないもの
・その他、当社が不適切と判断するもの

4. 応募作品の取り扱い

・応募者が本コンテストに応募した作品に対するすべての著作権その他の知的財産権は、当該作品を創作した応募者に帰属するものとします。
・応募者は、当社に対し、応募作品の名誉権、プライバシー権、公表権、氏名表示権、同一性保持権などの一切の人格権を行使しないことを約したものとみなします。
・当社は、応募作品の受賞の有無に関わらず、応募作品がコンテストの広報宣伝、プロモーション、審査結果の発表などのために、無償で本サイトや当社が管理するウェブサービスなどに掲載することができます。
・前項の場合には、必要に応じて、当社が掲載の際に応募者の名前や作品を改変することができます。
・応募者は、本コンテスト開催期間終了後、受賞の有無に関わらず、当社の事前の承諾なく応募作品の応募の取消、撤回、削除などができないことを予め承諾するものとします。
・応募者は、当社に対し、公的機関からの法令に基づく正式な照会、本規約に違反する行為への対応その他、本コンテストを適切に運営するために必要が生じた場合、応募作品の内容を保存、または第三者への開示することを許諾したものとします。

5. 応募者の責任

・応募者は、自己の責任で本コンテストへ応募するものとし、これらに関する一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。
・応募者は、応募作品について、適法な権利を有していること、および第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対して表明し、保証するものとします。
・応募者は、応募した作品および応募に際して行った行為に関して、第三者との間に紛争などが生じた場合には、応募者自身の責任にて当該紛争などを解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

6. 免責

・当社は、応募作品について、適法性、正確性などに関し、一切の責任を負わないものとします。
・当社は、応募者の行為および応募作品を保存する義務、および削除する義務を負わないものとします。
・当社は、応募者が本コンテストへの応募および参加のために必要なあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段などの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負わないものとします。
・当社は、当社による応募作品の削除、コンテスト出場権や受賞の取消、本コンテストの内容の変更、停止、中断、中止または終了、その他本サイトの利用および本コンテストへの応募に関して応募者に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

7. 賞品・賞金

賞金の支払いおよび賞品の引渡しに際して、当社に諸税の支払い義務が発生する場合は、該当する金額を控除後の金額を支払うものとします。

8. 個人情報の取り扱い

当社は、応募者からの個人情報をプライバシーポリシーに基づき適切に取り扱うものとし、本コンテストの適切な運営、応募者への通知、連絡、賞金の受け渡し、およびこれらに付随する利用目的のためにのみ使用するものとします。個人情報の取り扱いにつきましては「プライバシーポリシー」をご参照ください。

9. 準拠法と管轄裁判所

万が一裁判所での争いとなったときは、我々は指定された裁判所の非専属管轄権に従うものとします。

利用規約に同意します。

Our partners